北国美人が集まる

毛先を持っている

日本列島を北上しつつ美女を探し、風俗で実際に裸の彼女たちを味わう旅を続けているとしましょう。その旅は完璧なものになるはずです。なぜなら、北国の中でも一番果ての部分にある北海道こそが、一番美人たちをたくさん集めているところだからです。
北海道の風俗では、それまでの旅の中で味わってきたどんな美人よりもレベルの高い美人を、味わうことが出来るのです。なぜこんなことを断言できるかというと、北海道の風俗街が北日本でもいちばんデカいものであるからです。
いちばんデカいということは、その分いちばん偉いというのが、繁華街について考えるときは原則となります。デカい街には多くの人が集まるし、その分だけお金が落ちるし、儲かるからです……。少なくとも自分が美人であることをわかっている女性は、人がたくさん集まる場所では私の価値はもっと高まるに違いない、ということを知っています。それで、北海道のお店で働くわけです。
自分を美人とわかっている美人は、その美しさをさらに磨くために美容健康に気を使って生活をし、エロを学び、レベルの高いオンナになっていきます。
つまり、北海道の風俗では見た目も心根もエロく美しい北国美人に逢えるということです。色は白く、ほっそりと引き締まり、笑顔がステキでフェラチオのときの舌使いが絶品であるという美人に、会えるのです。
もちろん美人の種類はいろいろあって、北海道では寒い冬にはぜひ抱き合いたいふくよか系の美人も揃っています。ここは名実ともに、「美女を探す旅」のゴールとなるのです。